実印の作業手順

国家資格一級技能士のはんこ職人が

文字を作りながら丁寧に仕上げていきます。

熟練の技術!格式の高い良品!

温もりのある手書き文字!

それが『はん古堂岩井印房』です。

100円ショップや文具店で

売られている『認印』は、

偽造されてしまう危険性があります。

 

安心・安全な印鑑を作成するためには、

『印面の文字を作り込むこと』が大切です。

はん古堂岩井印房では、熟練の一級技能士が、

お客様の印面を責任持って

作成していくのであなたの財産を

法的に管理する印鑑を

『偽造防止』によって守ことができます。

 

『一級技能士が選ぶ、良質な印材で、あなただけの

印鑑を文字を作りながら仕上げていきます。』

作業工程の手順

1、印稿書き

印稿書き

ご希望に応じて書体を選び配列や調和を考えて下書き(印稿)を作成します。

2、印面調整

印面調整

お客様にお選びいただいた印材の印面を砥石やとくさで研磨し、平らにします。

3、朱うち

朱うち

印面に文字を書く下地として朱墨を塗ります。

4、字割り

字割り

印の構成上、大切な工程で正確に字割付を行います。

5、字いれ

字いれ

印稿を参考にし文字を逆字で字入れします。

6、字いれ確認

黒部 ハンコ

鏡に写した文字を見ながら、誤字、曲がり、バランスを整えます。

7、荒彫り

黒部 ハンコ

字入れした文字を傷つけないように細心の注意を払いながら彫刻します。

8、墨うち

黒部 ハンコ

仕上げ工程の前に荒彫りした印面を再び調整し墨を塗ります。

9、仕上げ

黒部 印鑑

一点一画、文字の筆意、流れに注意しながら慎重に文字を作り上げていきます。

10、捺印

捺印

肉朱を吟味し印面にムラなく付け『の』の字を書くように捺印していきます。